9716aef870ad533bf9820226ec8141dd?1389883428
美味しさ満点ブログ

2015年の締めのブログ。

2015/12/31 20:05 晩ごはん イベント くらし

年越しそばです。振り返ります。

例えば昇給してより良い給料頂く、テコンドー大会出場したら全て入賞そして全日本選手権で名を馳せるとか考えたとしても全て思い通りにいくわけじゃないですよね?残念ながら人は平等には生きられないもの。

そんな中で考えたのは以下の事なのです。前者はできるにしても8時間労働をきちんとしないとね・・。僕ってアスペルガー症候群の当事者として今の職場に4年4か月は勤めております。「接客サービスはレジも含めて一切できない。けど、与えられた仕事します。時給に見合い皆様の期待を裏切らない働きぶりを見せます。」と面接で宣言したことがまるで昨日のようです。気が付いたら僕だけが今の職場では唯一無二の障害者スタッフとなりました。けど、皆それでいい、そのほうがいいと話しています。結局はスタッフ達と距離感わきまえて自分の業務を全うする、貸し借り作らない、公私のけじめをつけると言うのができてなおかつ指示が変わったとしても取り乱さないで働いてこそスタッフとしての存在が成り立ちます。どうやら僕はそれらをクリアしてるようです。だからスタッフ同士の会話でも僕がいてくれて働いてくれるので職場が成り立つという会話があったようです。感無量ですよ。


一日しっかり働いて「今日もお疲れ様でした。また明日。」という言葉の響きが今になって非常にありがたく僕にとって躍進の言葉になると気付きました。そして、明日も働くぞという気持ちになります。おや?何が言いたいかわかりづらいでしょうか?つまり、僕が今の職場を支え大きくするための礎の一つになるという気持ちなのです。職場で平穏無事に働き人々が笑顔でいるこそが僕のエネルギーなんですよ。僕は今の職場でしてもらってるケア、お客様のご案内を変わってもらうとかを当然だと思ってません。荷受を今他の方にしてもらい僕は清掃をやるっていう午前を過ごしてますがそれもまた信頼関係あってこそなのです。絶対に裏切りませんよ。僕の職場は今ようやく本来のあるべき姿になりました。毎日期待と信頼に応えるから。

結びついたでしょ?僕だけが一人だけの障害者スタッフである事を辛いとは思わないから。むしろ躍進のきっかけになる。その積み重ねが僕の心を豊かにしてくれるのです。前も書いたようにお金はもうツケとかないですし。テコンドーにまつわるべらぼうな出費も今はないですし。きちんと働いて成果をあげていくのが給料貰うとかテコンドー大会入賞の前にすべきことではないかと今だから考えられるようになりました。

やっぱ毎日心地よく働ける場所があってこそ人は成り立つ。僕の精神科の主治医の先生に言われました。「最近ポジティブなことを日記に書けるようになったのであれば君は既に2016年を充実した内容にするための準備ができているよ。」ってね。

2015年の締めのブログ、あっという間に過ぎた一年ではありましたがここで終わりですね。

2016年もよろしくお願いします。



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください